グルテンの「在庫あり」ならコチラっ♪ケンコーコム

料理の幅が広がりますフィレとブロックタイプも有りますが!ミンチはごはんにもパスタにも麺にも合うし!これが1番好きです。最近健康食品に興味を持ち始めたのでこちらのミンチ、薄切り、細切りタイプそれぞれに購入しました。そぼろや!ハンバーグに肉と混ぜればほぼわかりません。

下記の商品です!

2017年02月13日 ランキング上位商品↑

ケンコーコム グルテン三育 大豆たんぱくミンチ 130g[ケンコーコム 三育フーズ 植物たんぱく食品(グルテン)]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

その他にも我が家ではちょっとだけひき肉を使う料理や、三色丼などは完全にこの商品で代用してます。リピートしてます。手作りナゲットのつなぎや!溶きタイプの唐揚げの衣に入れると衣がカリカリに仕上がり!おすすめです。袋に載っているハンバーグを何回か挑戦しましたが、出来上がりが焦げてしまったりして、いまひとつでした。味噌汁など、スープには戻さずそのまま入れても良いと思います。商品をお湯で戻す方法が前回は探せなかったのですがよく見るとはっきり記載されていましたのでコメントを修正させていただきました。マーボー茄子に利用しようと思い!グルテンバーガーでハンバーグが美味しく出来ましたので迷ったのですが!今回はこちらにしました。ひき肉の油を減らせる分!いい商品だと思います。色々な食材とマッチして!美味しく戴きました。毎日ほぼ1袋食べています。個人的には!甘めの味付けではない方が美味しいです。リピです。私自身は食べてないんです。クセが無いので炊き込みご飯やミートソースなど、何にでも使えて重宝しています。あまりお肉が好きではないため!たんぱく質として良いです。大豆たんぱくミンチを使って、マーボー茄子を作ったり、パスタのトマトソースに加えてアレンジしたりしています。全て食べられてしまって。私自身は息子とは逆でお肉が不得意だから、今まで肉料理を避ける傾向にありましたが、こちらのシリーズで食のレパートリーが増え、子供もとても喜んで食べてくれています。という説明書きが有りますが私の場合は洗い物を増やしたくない事と調理時間を短縮したくて、そのまま使っています。ミンチタイプは幅広く使えそうだったので2個購入し!早速ハンバーグを作ってみました。これならお肉代を節約しつつ体にいいし、ダイエットにもなるのでなくなったらリピしたいと思います。コスパも良く!保存できる点がいいです。肉好きの人は満足するかわかりませんが。販売されている方にも迷惑をかけてしまいました。ひき肉のかわりにかなり重宝してます。なくなったらまたリピします。軽量化のためでも!おいしさは!犠牲にしたくなかったです。大豆たんぱくの中ではミンチが一番使い道があると思います。完全に大豆たんぱくのみではなくお肉も使用しましたが!お肉の半分の量をお湯で戻してハンバーグにしたところ!全く大豆たんぱくが入っているなんて気にならず!更にお肉の節約にもなって良かったです。どうしても大豆たんぱくの代用では!油脂を加えないと食感がボソボソした味気ないものになりますが!ノンコレストロールである利点は!健康対策への活用度が大きいですね。ハンバーグだとひき肉の割合を少なくしてこのミンチを混ぜて作ると全く大豆たんぱくを使ってるなんてわかりません。前回のコメントを参考にした方がいらっしゃいましたらすいませんでした。増量分を計算して多過ぎないように注意すればスープやソースにそのまま投入してタンパク源の具材となり!便利です。多めの油で炒め、しっかり味付けすると美味しいです。固く絞って!鶏ガラスープの素を!もみ込んで味を付けておくと!なお美味しくいただけました。マーボー豆腐や!そぼろ肉のようにすると美味しかったです。また使いたいと思っています。。今のところ衛生上で不都合な問題は何も起こっていません。すいません。更に、麻婆豆腐やミンチを使う料理にはこれのみで調理してみようと思います。全く違和感なく旦那も文句言うことなく食べています。ちょっとしたレシピなども載っていて便利です。お湯につけて戻すと約2倍に膨むので!ボリュームもでますよ。今度ハンバーグを作る時はもっと大豆たんぱくの量を増やしてお肉は減らして作ってみようと思います。お湯で戻すと思ってるより増えるので加減して下さいベジタリアンの私にはかかせない物です。三種類のタイプを購入したけど!このミンチタイプが一番使えると思います。6歳の一人息子はお肉が大好きな!お野菜が苦手な子だから!お肉を食べているつもりでお野菜に代わるものがないか?と考えていた時に行き着いた大豆たんぱくシリーズ。肉!魚!鳥などがダメなので!希少タンパク源です。いつものお肉の量で使う大豆たんぱくミンチの量によってはいつもよりたくさんのハンバーグや肉団子が作れます。いつものハンバーグの材料に(挽肉は半分の量にします)大豆蛋白ミンチを混ぜると!栄養価が高いハンバーグの出来上がりです!家族は何も気がつかず!いつものように完食です。大豆タンパクは、独特の風味で使いづらいものもありますが、こちらはとても使いやすいです。常にストックしています。この次は、子供のリクエストにより、肉じゃがを作る予定です。普段との違いはなかったようなので、ひき肉の代わりを十分果たしていたと思います。が、人によると思いますのでそんな「雑」な使い方する場合は自己責任でお願い致します。予めお湯に浸して水切りして使う。熱湯じゃなくても水ですぐ戻りますし、水が澄むまでしっかり流水もみ洗いをすると、大豆くささはなくなります。我が家では冷蔵庫に必ずストックしています。お勧めです。